logo

食品の検査

■食品検査

 当検査センターでは安全な食生活を確保する上で、重要な食品・輸入食品検査(添加物・微生物等)を厚生労働大臣の登録機関として実施しております。
 食品検査に必要な検査量、検査期間など打合せが必要なため、検査依頼は事前に連絡をお願いします。

 
>>理化学検査

栄養分析
水分
灰分
蛋白質
脂肪
食物繊維(TOC)
糖質
食塩相当量
添加物(保存料)
安息香酸
ソルビン酸
サイクラミン酸
着色料
二酸化イオウ
重金属
カドミウム
砒素
スズ
その他
酸価
過酸化物価
 
>>細菌検査

一般細菌
大腸菌群
大腸菌 E.coli
黄色ブドウ球菌
腸炎ビブリオ
サルモネラ属菌
腸管出血性大腸菌 O157

■食中毒とは?

 食中毒を起こす細菌がついて増えている食品や、有害な物質が含まれている食品を食べて起こる健康被害をいいます。多くは、嘔吐、腹痛、下痢などの胃腸炎の症状を示します。

■食中毒の種類

1)細菌性食中毒

感染型
菌名 原因
サルモネラ 動物・ヒトの糞便→鶏卵・食肉
腸炎ビブリオ 海水・海泥→魚貝類
カンピロバクター 動物・ヒトの糞便→食肉・飲料水
 
毒素型
菌名 原因
ブドウ球菌 手荒れ・化膿巣→おにぎり・弁当・赤飯
ボツリヌス菌 土壌・動物の糞便→保存発酵食品
 
その他
菌名 原因
ウエルシュ菌 動物・ヒトの糞便→スープ・めんつゆ・ハンバーグ
病原性大腸菌 動物・ヒトの糞便→飲料水・弁当

 

2)自然毒食中毒 

植物性
 毒キノコ・バレイショの芽・毒ゼリなど  
 
動物性
 フグ・毒カマス・貝など  

 

3)化学性中毒

化学物質の食品中への不適正混入
 化学物質の食品中への不適正混入→殺そ剤・農薬など  
 有害性金属による食品汚染→微量重金属(ヒ素・鉛)  
 油脂の変敗→揚げ物などの油脂を多く含む食べもの  

 

4)その他

 アレルギー様食中毒→サンマ・ミリンぼしなど  

 gHOME

検査についてのお問い合せ
徳島市中洲町一丁目58番地1(日本政策金融公庫隣)
一般社団法人 徳島県薬剤師会 検査センター
TEL:088-655-1112(代)FAX:088-624-3130