logo

シックハウス検査

■室内空気中の化学物質の濃度(シックハウス)の測定体制整う

yajirushiシックハウスとは

住宅の高気密化や化学物質を放散する建材・内装材の使用等により、 新築・改築後の住宅やビルにおいて、化学物質による室内空気汚染等により、居住者の様々な体調不良が生じている状態が、数多く報告されている。症状が多様で、症状発生の仕組みをはじめ、未解明な部分が多く、また様々な複合要因が考えられることから、シックハウス症候群と呼ばれる。 (厚生労働省 シックハウス問題に関する検討会 報告書)

yajirushi測定対象はホルムアルデヒド等の6項目が一般的です

ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレン、パラジクロロベンゼン

yajirushi測定方法等

パッシブサンプラー(拡散方式)と呼ばれる採取機器を用いてサンプリング(8~24時間)を行い、高速クロマトグラフ、 ガスクロマト質量分析で測定

yajirushi指針値、発生源等
NO
化学物質
室内濃度指針値
主な発生源
1
ホルムアルデヒド
100μg・m3(0.08ppm)
合板、接着剤
2
トルエン
260μg・m3(0.07ppm)
塗料、油性ラッカー
3
キシレン
870μg・m3(0.20ppm)
塗料、芳香剤
4
エチルベンゼン
3800μg・m3(0.88ppm)
塗料、接着剤
5
スチレン
220μg・m3(0.05ppm)
断熱材、接着剤
6
パラジクロロベンゼン
240μg・m3(0.04ppm)
防虫剤、防臭剤
注:料金については、測定物質及び測定箇所により算出します(お問合せ下さい)。

 g HOME

検査についてのお問い合せ
徳島市中洲町一丁目58番地1(日本政策金融公庫隣)
一般社団法人 徳島県薬剤師会 検査センター
TEL:088-655-1112(代)FAX:088-624-3130