logo

健康食品と薬の飲み合わせに関するリスクコミュニケーション 講演会・意見交換会

健康食品と薬の飲み合わせに関するリスクコミュニケーション
                    講演会・意見交換会(参加のお願い)
(徳島県危機管理部消費者くらし安全局安全衛生課、消費者庁との共同事業)

日頃より徳島県薬剤師会の業務運営にご協力いただき厚く御礼申し上げます。
さて、先月の「お知らせ」で、徳島県の委託事業として、平成29年11月5日(日)にホテルクレメント徳島で開催する標記講演会・意見交換会につき御案内致しましたが、会員の皆様に是非ご参加いただきたく、再度お願い申し上げます。  
             記
開催案内&お申込書:pdf文書FileDownlode 01    word文書FileDownlode 01
日  時:平成29年11月5日(日)13:30~15:30
場  所:ホテルクレメント徳島 4F クレメントホール
            <徳島市寺島本町西1丁目61番地>
講  師:昭和大学薬学部 臨床薬学講座 天然医薬治療学部門
                教授 川添和義 先生
内  容:健康食品と医薬品の飲み合わせに関する講演、薬剤師・行政・事業者・消費者等による意見交換(パネルディスカッション)

日本薬剤師研修センター認定薬剤師制度1単位認定
JPALS研修コード:36-2017-0063-101

-------------------------------------------------------------------------------
FAX:088-625-5763(薬事情報センター)
健康食品と薬の飲み合わせに関するリスクコミュニケーション
講演会・意見交換会参加申込書
薬 局 名【                 】
参加予定者氏名         
準備の都合上、10月24日(火)までにFAXにてお知らせ下さい。

薬剤師会からのお知らせ、保険部会からのお知らせを更新しました

薬剤師会からのお知らせ(1.3MB) FileDownlode 01

 研修会のお知らせと斡旋書籍のご案内などのお知らせを掲載しています。
 医療用医薬品研修会の研修内容が決定しました。

保険部会からのお知らせ(680KB) FileDownlode 01

 会員の皆様へのお知らせです。
 「会員の部屋」(要ID/password)へリンクしています。

平成29年度 医療機器販売業等の営業所管理者、医療機器修理業の責任技術者に対する継続研修会の開催について

平成29年度 医療機器販売業等の営業所管理者、医療機器修理業の責任技術者に対する継続研修会の開催について、以下の通り、ご案内申し上げます。

開催要項 & お申し込みフォーム   FileDownlode 01(pdf文書)  FileDownlode 01(word文書)

 医療機器等を販売する際の安全対策の強化により、高度管理医療機器等(自己検査用血糖測定器、コンタクトレンズ等)の販売等の許可を受けた薬局等の営業所管理者は、毎年継続研修を受講することが義務付けられております。
つきましては、この研修会を次のとおり開催しますので、受講下さいますようご案内いたします。

1 継続研修の受講対象者
①高度管理医療機器等の販売業等の営業所管理者 ②医療機器修理業の責任技術者
③特定管理医療機器の販売業等の営業所管理者
*①,②については毎年受講義務があり、③については毎年受講努力義務があります。

2 日 時:平成29年12月3日(日) 13時~15時30分

3 場 所:徳島大学大塚講堂2階 小ホール
(徳島大学蔵本キャンパス内 )徳島市蔵本町3丁目18-15 *駐車スペースあり(有料:500円)

4 研修内容
1)医薬品医療機器等法その他薬事に関する法令             徳島県保健福祉部薬務課 村田 武史 氏
2)医療機器の品質管理          徳島大学大学院医歯薬学研究部 臨床薬学実務教育学教授 久米 哲也 氏
3)医療機器の不具合報告及び回収報告        同   上
4)医療機器の情報提供               同   上

5 受講料
会 員:3,000円  非会員:5,000円 (テキスト代含む)
受講申込書を頂いた方には、当方から受講票と振込先のご案内をお送りしますので、
その案内に従ってご送金下さい。*受講票の送付には、お申込み後1週間程度かかります。

6 受講申し込み
別紙受講申込書に不備のないように記載の上、徳島県薬剤師会事務局へ郵送または、ファックスでお送り下さい。
(FAX:088-655-6991)
〒770-8532 徳島市中洲町1丁目58番1(電話:088-655-1100)
申し込みをされない場合は、受講できませんのでご注意下さい。
定員150名(定員になり次第締め切らせていただきます。)

7 申し込み締め切り
平成29年10月31日(木)・・・必 着

8 受講終了後、継続研修修了証を交付します。
※遅刻、途中退席の方には受講終了証の発行はできません。

日薬メールマガジン受信アカウントについて /「日薬メールマガジン」は第565号(2016年12月9日)をもって休刊しています

平成19年1月から配信されていた「日薬メールマガジン」は、第565号(2016年12月9日)以降、休刊しています。
本日、メールの送受信エラーが出ている場合、アカウントを削除することで送受信エラーは解消されます。
「日薬メールマガジン」のデータを残したいときは、削除前にバックアップしてください。

日本薬剤師会からの事務連絡事項 pdf文書「日薬メールマガジン受信アカウントについて」日薬メールマガジン受信アカウントについて」

必見!!「薬局間における医療用医薬品の譲受・譲渡に関するガイドライン」 の作成について&薬局間における医療用医薬品の譲受・譲渡に関するガイドライン【概要】

平成29年3月31日付け通知、日薬業発第426号が発出されました。
必ずご確認ください。
日薬業発第426号
 薬局間における医療用医薬品の譲受・譲渡に関するガイドライン」の作成について
別添
 薬局間における医療用医薬品の譲受・譲渡に関するガイドライン【概要】 ほか