logo

カワラヨモギ

学   名 Artemisia capillaris Thunb.
科   名 APG(Angiosperm Phyrogeny Group)分類体系:Asteraceae(キク科)
クロンキスト分類体系: Asteraceae(キク科)
エングラー分類体系: Compositae(キク科)
花   期 9~11月
生 薬 名 茵陳蒿(インチンコウ)

日本産はカワラヨモギを使用する。
ときにオトコヨモギArtemisia japonica Thunb.の花穂が混在するらしいが、日本薬局方第16改正ではカワラヨモギとしている。

薬用部位・効能など

薬用部位 効能 方剤例 備考
頭花 清熱利湿、退黄疸:
解熱作用、利担作用、抗菌作用、脂質降下作用、降圧作用、消炎性利尿
茵陳蒿湯
茵陳五苓散
茵陳散
茵陳四逆湯
神農本草経の上品収載
「茵陳」

 

雑談
キク科のヨモギ属は非常に多くの種類がある。全草が悪臭のするクソニンジンArtemisia annua L.も同属植物で、薬用には「帯果、帯花、枝葉」の乾燥したものを使う。生薬名を青蒿(セイコウ)といい、神農本草経の下品に収載されている。用途は解熱薬、止血薬、殺虫薬である。
一方、食材として知られているヨモギ(Artemisia princeps Pampaniniカズザキヨモギ、モチグサ)は、古くから親まれてきた身近な植物で、もぐさの製造原料でもある。葉と枝先が薬用部分で、生薬名を艾葉(ガイヨウ)といい、「名医別録」の中品に収載されている。収斂性止血、鎮痛薬として使われるほか、健胃作用もある。ガイヨウを配合している漢方薬のきゅう帰膠がい湯は、冷え症で、出血過多により、貧血するもの(痔出血、外傷後の内出血、産後出血、貧血)に使用されている。ヨモギを食材にするとき、柔らかい若葉を使用するが、なんせアクが強い。沸騰させて塩ひとつまみをいれた湯にヨモギと重曹を入れて、アク抜きをする。茹でたらすぐに冷水にさらす。
P7070059.JPG P5260108.png P6030946.png
オトコヨモギ
撮影場所 吉野川河川敷(新吉野川橋~旧吉野川橋)
カワラヨモギ
撮影場所 徳島市の小松海水浴場周辺
カワラヨモギ
武田薬品工業京都薬用植物園にて
Photo K.Yamashita
資料  
1) 原色和漢薬図鑑(上)・(下)  保育社
2) 日本植物名検索(y-list)  
3) 原色牧野和漢薬草大図鑑  北隆館
4) 徳島県薬草図鑑  徳島新聞社
5) 漢薬の臨床応用  医歯薬出版
6) 植物の同定  徳島県立博物館

行政